• 機能が求められる

    ピー機能がついている機械はいろいろと増えてきていますが、通常のコピー機にはそれ以

  • 第二次大戦時に開発

    リンターが開発されたのは、現代でいえば第二次世界大戦前後のことでした。米国で戦前

中国、日本での歴史

紙がなかった時代の中国では、割符というものが使われていました。
これは、竹に文字を書きます。
それを二つに割ります。
片方を王様が、残りを相手に渡すのです。
理由は、二つを合わせたら、本物とわかるようにするためでした。
しかし、文書の量が増えてくるに従い、ハンコができました。
そして、紙が発明されるとハンコの版画技術を使い印刷が始まったのです。
日本では、陀羅尼のお経が世界最古の印刷物として残っています。
これは、中国から伝わってきた方法で刷られています。
しかし、それ以後300年は日本で刷ることはありませんでした。
江戸時代になると、商売をするのにも読み、書き、そろばんが必要になりました。
これを契機に、木版による印刷、出版が始まったのです。

プリンターの今後について

プリンターには、大きく二つに分けることができます。
電子写真方式とインクジェット方式です。
どちらにも特徴がありますが、インクジェット方式では、インクを必要な分だけ正確に着地させることができます。
そのため、紙やフィルム以外のものに実用、研究が行われています。
その中にDNAチップというものがあります。
これは、オーダーメイド医療に使われる、DNAチップです。
インクジェットプリンターを使いDNAを溶かした溶液を、検査試験薬を塗布したDNAチップに吹き付けます。
また、人間の組織を形成し、今後は医療現場で役立つ日が来る可能性があります。
さらに、セラミックを塗布する人口骨については、早い段階での実現が期待することができます。

コピー機を購入する際の注意点

コピー機を購入すると必ず保守契約がついてきます。
種類があるので、必要に応じて選ぶことが重要になります。
契約種類は四つほどに分けることができます。
一つ目は、カウンター契約です。
1枚いくら方式のため価格がまちまちです。
トナー付きは高く、付いていないものはトナーのみ別売りのため安いです。
二つ目は、コピーキット契約です。
これは、故障した際の修理費、出張費などが、不要になる契約です。
三つ目は、年間保守契約です。
年単位で保守料を払います。
契約年数はメーカーによって異なります。
四つ目は、スポット契約です。
故障が発生する度に依頼をします。
パーツ代などは実費請求となります。
支払金額も5,000円から20,000円ほどと幅があります。

オススメリンク

機能が求められる

コピー機能がついている機械はいろいろと増えてきていますが、通常のコピー機にはそれ以上の機能を求める声…Read more

第二次大戦時に開発

プリンターが開発されたのは、現代でいえば第二次世界大戦前後のことでした。米国で戦前に、戦後ドイツで生…Read more

いいものを利用する

家族などでプリンターを使うことも多いでしょうが、プリンターやコピー機を利用する家の中には、ファックス…Read more

関連リンク

アーカイブ
カテゴリー